[腕時計の誕生]

腕時計とは皆さんもご存じのように手首に巻いて時間を確認する時計です。 腕時計はジュネーブの時計商品がカタログに掲載したものが初めではないかと言われている。現在の腕時計の形式はパリの宝石商がブレスレットに時計を組み込んだものが初めとされている。 腕時計は昔から制作されていたが、どれもが1点もので世間に普及しているものはなかった。 腕時計が製品化されたきっかけは、軍で使用されたからだといわれている。 砲撃する人間が懐中時計を手首に巻いて時間を図っていたのがヒントとなっています。 ドイツ軍がこのヒントを得て時計メーカーに発注製造をしたことで世の中に広まったとされている。

[初期の腕時計]

オメガが初めに商品化をして広告などで宣伝活動をしていた。 当時は滑稽なデザインで世間に普及することはなかった。 その後、デザインなどを見直して開発されるようになったが、懐中時計の人気に圧倒されて日の目を浴びることはなかったのである。 腕時計が普及したのはフランスのカルティエが作成したサントスである。サントスはカルティエが友人の飛行家のために制作したものである。 その後、デザインが秀逸されていき社交界で人気を浴びるようになり、市場に出回るようになった。 第一世界大戦と第二次世界大戦で腕時計の歴史が読み取れます。 第一世界大戦に腕時計が普及して、懐中時計が腕時計に移行していき、それにともないメーカーも腕時計の製造に切り替わったとされている。 第二次世界大戦では腕時計生産が有名な国はアメリカ、イギリス、スイスである。 そののち、アメリカとイギリスが衰退していき、スイスだけが発展したというか現状を維持してきました。

このページの先頭へ